メニュー

お子様の皮膚疾患について

お子様の皮膚は大人の皮膚に比べて薄いため、外部からの刺激を受けやすい状態にあります。また、汗をかきやすいため細菌やウイルスが繁殖しやすく、感染症を引き起こすこともあります。
こどもに多くみられる皮膚疾患には以下のものがあります。

脂漏性湿疹

乳児期早期にみられる湿疹のひとつです。頭部に黄色のかさぶたやフケのようなものが付着します。頭や顔から皮脂とよばれる脂肪分が多く分泌されることで症状が出ます。

おむつかぶれ

おむつのあたる部分に炎症が起きます。尿や便に含まれる刺激物やおむつの繊維がこすれることが原因です。こまめにおむつを取り替えるなど、汚れた部分は水で流すなど清潔さを保つことが大切です。

カンジダ性皮膚炎

便の中にいるカンジダという常在菌(カビの一種)に感染することで炎症が起きます。おむつかぶれと似ていますが、悪化するとただれたり、皮がむけるといった症状が出ます。薬の成分によっては悪化する場合もあるため、「おむつかぶれの治りが悪い」と思った際には早めに受診するようにしてください。

あせも・あせものより

「あせも」は、汗の出口がよごれや垢でふさがれることで小さな発疹が現れた状態です。あせもを掻きむしった傷に黄色ブドウ菌が感染し、炎症を起こした状態が「あせものより」です。あせものよりは、痛みを伴う化膿性の炎症で、発熱することもあります。

とびひ(伝染性膿痂疹)

あせもや虫刺され、アトピー性皮膚炎などを掻いてできた傷に、黄色ブドウ球菌やレンサ球菌が感染して炎症が起きます。強いかゆみのある水疱ができ、化膿することもあります。急速に悪化することも多くありますし、腎炎などの原因となることもあります。人にうつる可能性もあるので早めに受診してください。

手足口病

手のひら、ひじ、足の裏、ひざ、口の中などに水疱様の小丘疹ができます。夏に多い感染症です。コクサッキーウイルスなどのエンテロウイルスに感染することで症状が出ます。口内炎に痛みがあるので、食事が摂れなくなることも多くありますが、2~3日間であれば問題ありません。ただし、水分・塩分・糖分の摂取は重要で、1日でも摂れないようだと点滴・入院が必要となる場合もあります。できれば経口補水液(OS-1®など)、まずくて飲めないなら子供用のイオン水(アクアライト®など)を飲ませましょう。

リンゴ病

伝染性紅斑の一般的な呼び名です。頬がリンゴのように赤くなり、腕やお腹に発疹ができます。ヒトパルボウイルスに感染することで症状が出ます。入浴は問題ありませんが、発疹のかゆみが増すことがあります。

当院の治療方針

皮膚疾患は、皮膚を清潔に保つ、保湿をしっかり行うなど日ごろの生活で改善される点が多くあります。薬を処方するだけでなく、症状に合わせた生活する上での注意事項などもご説明いたします。治療上、ステロイド外用薬を必要とする場合も多くありますが、あまり恐がりすぎないで下さい。注意する点をおろそかにしなければ、ステロイド剤の皮膚への塗布・ステロイド吸入で全身の副作用が出ることはほとんどありません。むしろ恐がりすぎて治療がなされず皮膚のバリア機能が損なわれた場合、食物アレルギーなどの原因となる場合もあり得ます。必要な場合にはステロイド外用薬をしっかりと使いましょう。ただし、ステロイドの内服・注射などは、全身の副作用が出やすい治療ですので、最小限に抑えてまいります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME