メニュー

お子様のアレルギーについて

当院では、お子様の気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、花粉症、アレルギー性鼻炎等を診ています。

アレルギーの症状について

小児のアレルギー性疾患は、下痢、嘔吐、腹痛、せき、呼吸困難、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、発熱、頭痛、むくみ、など様々な症状で表れます。
よく見られるアレルギーには、食べ物がアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)となる食物アレルギー、ハウスダストなどの吸入性アレルゲンによって発症する気管支喘息などがあります。アレルギーは一般的に、治ることのあまり期待できない、体質のようなものですが、成長とともに症状が改善・軽減していくことも多いのが小児のアレルギー疾患の特徴です。

食物アレルギーについて、特に乳児でアレルギーを起こしやすいのは、卵、牛乳、コムギです。その他にも、ソバ、大豆などがあります。もう少し年齢が大きくなると、いくら、ピーナッツ、ナッツ類(木の実)、カニ、えび、などのアレルギーが増えてきます。また、特に幼児・学童以降で、リンゴ・モモ・スイカ・メロン・キュウリ・セリ・パセリ・セロリ・ニンジンなどを生で食べたときに咽がイガイガするなどの症状が出る、口腔アレルギー症候群をおこす場合もあります。ある種の花粉症と関係しています。

お子様が何かを口にした際にアレルギー様の症状が出たため、疑わしい食べ物を片っ端から除去するという治療をなされている場合もありますが、あまり極端な食事療法は好ましくありません。食べられるものは食べられる範囲で、できるだけ食べるようにしましょう。

アレルギーの原因を特定し、完全に日常生活から除去するのは難しいことです。特に食物アレルギーは、疑わしい食物がはっきりしないうちに血液検査をしても、アレルゲン(アレルギーの原因物質)の特定はできません。医師と相談の上、検査・治療方針を決定しましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME